暦着物12月「師走」 着付け順も一緒に。

画像

 暦着物のコレクション、こちらがほんとうの最終になります。12月の「師走」です。
「師走」のテーマミュージックが「Moon River」というのは前にも書きましたが、それはこの帯からのイメージなのです・・帯だけが最初から決まっていました。黒・銀・金が織りなすこの渋くも豪華な流水の柄、いつもすてきな着物はぎれでたいへんお世話になっています YAHOO!のオークションストアの【こだわり】様の、正絹の西陣織りの観世流水柄という帯地でした。この帯に合う着物といえば、黒地のものしか思いつかず、ずいぶん長い間イメージに合う黒着物地を探していましたが・どうしても巡り会えなくて、この帯をあきらめて「百花繚乱」を「師走」とすることにしてしまったのです。
「百花繚乱」の出品取消の後、同じ【こだわり】様のお店でとつぜんこの黒い布に巡り会い・なんとイメージにぴったりな・・と、「師走」を一から作り直すことにしました。これが、完成した着物です。

画像

 【こだわり】様の、丹後縮緬★菊★縫い取 黒/銀 はぎれ というお布です。画像をクリックしていただくと少し大きくなるのでわかりやすくなりますが、着物の裾に、銀糸の菊の花を集めています。色も季節もぴったりで・・すばらしい着物になりました。「師走」にふさわしく、踊りか小唄のお師匠さんかな・・と作り始めました、芸妓さん風に、となったのは帯結びを芸妓さん特有の帯結び「柳結び」に決めたからです。
 背中心の「一つ紋」の位置に、銀の月のモチーフを下げました。
 

画像

 総裏付きの袷仕立てで、胴裏には 【こだわり】様の正絹パレスの長地伴地★菊とつゆ草★薄グリーン、袖口布と八掛にはどうしても12月の天然石ターコイズの・目の覚めるような青い色の布にしたくてずいぶん探しまして、結局以前天王寺の市で手に入れた帯がわりと薄い布だったのでそれに決めました。半衿に使ったのは、その帯の花の織り柄がある部分です。
 今回は衣紋(えもん)を思いっきり抜きたかったので、上写真赤印の箇所を、糸で少しつまんであります。糸を切ればすぐに外せますが、たぶんそのままの方が抜きやすいと思います。
 伊達衿と半衿は着物の衿部分に縫い留めてあります。伊達衿は【こだわり】様からオマケでいただいた紅色に銀糸の入った絹地です。


画像画像

 着物が決まったと同時に、今回はモデルはすぐ決まりました。「睦月」「長月」の・ジェニーフレンドのシオンです。ボディはポーズがつけられるSAボディで、右のノーマルボディより1cmほど背が高いのも・裾を引くのに効果的です。
 今回は着物よりも帯をつけるのが難しいので、ウェストの補正をまずします。できるだけずん胴にするのが望ましく、R工房はいつも細長く切った薄いスポンジを巻き付けています。腰巻の紐が、しっかり固定できるので便利です。腰巻は伊達衿と同じ紅色に銀糸の光るお布です。タビをはかせます。


画像

 着物を着せます。袖を通したらまず半衿を大きく衿をあけて大体の長さを決め、リボンを背中に回して前で結びます。後で衿がずれないように胸前をクリップで固定しました。


画像

 衿の後ろです。背中心をしっかり合わせて美しいラインがでるように整えてください。


画像

 半衿が縫い目が見えないぎりぎりまで外にでるようにして、着物を打ち合わせます。そのまま帯をしてもよいのですが、少しでもずれを防ぐために、一度細い紐で結んでおきます。


画像

 まず「しごき帯」をつけます。背中心でマジックテープで留めます。このお布は「百花繚乱」の裾に使った 【こだわり】様の 時代物!子供着物★鶴/切金★緞子★はぎれ という朱赤色の正絹です。


画像

 作り帯を巻いていきます。今回の帯は二重になります。端を背中心に合わせて、矢印の方向「右下」の方に向かって、


画像

 前の方でも「右下」に巻きます。この時・しごき帯が帯の上下からすこしのぞくようにしてください。


画像

 そのまま後ろで一回マジックテープで留め、二回り目は今度は「右上」に向かって巻きます。


画像

 そのまま帯のお太鼓の部分をマジックテープに留めます。うまく合わない時は、たぶんまだ「胴が細い」のです。できましたらもう一度胴部分を補正してみてください。


画像

 帯が固定できたら、帯揚げを前に回して、前中心で帯内にたくし込みます。この帯結びは帯締めは使いません。下駄をはかせ、ピアス・かんざしはお好みで、扇子を持たせて出来上がりです。


画像

 着物用小物です。左上はピアスとかんざし、ピアスは月のモチーフに小さいムーンストーンとターコイズを下げました。かんざしはターコイズブルーのプラスチックビーズです。本体部分は・・プラスチックの手作りで・・一応「べっこう」を意識したのですが(^^ゞ
 左下は扇で、既製品です。表は金・裏は銀で、開閉ができます。
 右のタビは流水紋のある白絹、下駄はヒノキ材の手作りで黒地に銀粉を散らしました。この裾引き姿で外を歩くことはないと思うのですが、いちおうご用意いたしました^^


画像

 完成してみて、これがR工房が作りたかった「師走」だったのだ・・と暦着物の最終にふさわしい仕上がりになったとほっとしました。「師走」、芸妓さんのことや小道具の説明はまた別記事にアップしていきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

なまず
2013年05月25日 20:24
はじめまして。このSIZEの扇子を探していてたどり着きました。質問なのですが、この扇子はどこでご購入されましたか?差し支えなければ教えていただきたいです。よろしくお願いします。
2013年06月11日 21:43
なまず様 お返事遅くなりまして、
これは大阪市内のABCクラフトという
大型手芸店で購入しました。
人形の制作用品を扱う手芸店や、
ひな人形屋さんでも
扇子などの小物を個別に売られているお店があります、
(紛失した時のために)
木目込み人形の素材店でもあるかもしれません。
お近くにあるといいですね。