濃 姫 (帰 蝶) の戦国姫君着物

2020_0524125340.jpg

「濃姫」という名は織田信長との婚礼後のことで、NHK大河ドラマでも使われている「帰蝶」という名も並記しました。となれば着物のテーマはやはり『蝶』でしょう、ということで蝶柄の着物地をあれこれ物色しましたが、なかなか難航しました。前記事にもあるように色彩が派手だとか柄が大きいとかは考証的に大丈夫そうですが、蝶柄が人形の着物としてよい位置に入ること、できるだけ古典的な蝶模様を選ぶこと、素材が正絹なのはもちろんですが格の高い着物、金彩が入っているものなどを条件にしていたのでずいぶん時間がかかりました。その中での厳選布が、

2020_0524105648.jpg2020_0527092046.jpg

左が小袖、右が打掛です。両布とも着物を解いたはぎれではありますがたいへん状態がよく、小袖は羽根を広げた蝶・打掛は横から見た蝶でバランスもとれました。それでは着付けてまいりましょう。

《小 袖》

2020_0524105948.jpg

 小袖の布の地色は、利休鼠と桑染(りきゅうねずみ・くわぞめ・日本の伝統色)に近く金彩もあります。白い桜が舞う中、菊と舞蝶が描かれています。
 総裏付きで、裏地は白絹と薄い黄色の八掛地です。

2020_0524122812.jpg

 戦国時代はこのような足袋ではなく裸足でしたが、おまけに簡単な作りの白化繊の足袋をお付けします。着付ける前に履かせます。
 小袖には正絹の白衿と濃赤の重ね衿が留め付けてあります。小袖の腕を通した後に、白衿に付いている白リボン(化繊)を背中に回して、重ね衿も一緒に前で結びます。

《帯》

2020_0524104352.jpg

 帯地は水色の地に「織田家紋 織田木瓜」を白く織り込んだ金襴(たぶん化繊)です。織田信長が用いた家紋の中でも最も有名とされる「織田木瓜」の紋が入った金襴地・・見つけるのにたいへんな苦労がありました。現代の市販品には見つからず、ある大きな骨董市でやっと見つけた昭和の金襴です。せっかくの織田家紋ですし、最初はこちらを打掛にする予定でした。が、未使用ではあってもかなり古いため各所に経年ジミが点在していて、70cm幅で2mも購入したのに打掛はおろかシミを遠ざけてやっと帯布が確保できました。
 結び目下のマジックテープで前で留めます。お好みで結びは後ろ側でもかまいません、というのはこの戦国時代・服飾資料的には前結びが多く、帯ももっと細目でした。テレビでは後ろ結びが多く、これといった決まりのない時代だったのではと思います。この制作では家紋の幅を最大限にとり、前に見えるようにしました。


2020_0524124250.jpg

2020_0524124342.jpg

147.jpg

 小袖は細身に着付け、おはしょりをせず身丈で着ます。帯はウェストより下の腰に締めます。扇を帯に挟みます。
 扇は既製品で、金銀の表裏です。閉じた時の長さは6.3cmです。


《打 掛》

2020_0525134900.jpg

 打掛の布は薄い黄色の地に舞蝶が型染めされており、金彩もあり光沢のある正絹です。身巾が広く、おくみ・袖の振りはありません。腕を通し袖を前に倒すように着付け、裾を広げます。
 総裏付きで、裏地は白絹と朱赤の襦袢地です。


2020_0524130140.jpg

2020_0524130715.jpg


2020_0524131337.jpg

戦国姫君着物、蝶柄と織田家紋もどうぞお楽しみください。

"濃 姫 (帰 蝶) の戦国姫君着物" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。