令和の初春 三女(幼SD)の振袖

2019_1203125410.jpg
令和の初春を祝う、幼SDサイズ「三女」の振袖です。三姉妹ともに令和にちなんだ「梅柄」の振袖で、こちらは黒地の着物で、ちょっと大人っぽくお正月をすごしてください。

2019_0925112937.jpg
振袖着物地は現代の正絹の着物はぎれ地で、黒地にピンク・青・緑の梅が描かれています。
白絹の肩裏とオレンジ色の八掛の総裏付きです。袖部分のみ「うそつき袖」という絹長襦袢の袖を留め付けています。

2019_1203124629.jpg
肩上げ・腰上げで童女の寸法に合わせました。

2019_1203101717.jpg
衿にローズ色の絹地の伊達衿と、ピンクの絹縮緬の半衿を留め付けています。
着物の袖を通し、半衿の下の白化繊テープを背中に回して前で結びます。

2019_1203113317.jpg
作り帯は新品の化繊の金襴地です。濃いピンク色の地に縁起の良い小物が織り込まれた吉兆柄です。結びは文庫の変形です。
帯揚げは朱赤色の紋綸子・帯締めは古い赤絹紐でともに帯にセットしています。

2019_1203124230.jpg
帯は結びの下でマジックテープで留めて帯揚げを帯に差し入れます。帯締めは前で二回片結びをして両脇に戻し挟みます。
マジックテープの凸側に布がひっかからぬようご注意ください。

2019_1203112102.jpg
足袋はオフホワイトの花柄の白絹地で、後ろのスナップで留めます。
下駄はヒノキ材をピンク色に着色し、水性ニスで仕上げました。鼻緒はポリエステルの縮緬紐です。

2019_1203111404.jpg
髪飾りは、金属の櫛にちりめん細工の梅を留め付けました。櫛を髪にさし込みます。
ショールはフェイクファーを切っただけのものです、幼SDには少し大きめですがおまけとしてお付けします。


2019_1203125140.jpg

2019_1203124948.jpg



2019_1203105456.jpg
羽子板は手作りで、タテ10cm×ヨコ5cmです。正月飾りを木工ボンドで貼り付けてあります。
接着テープを使って手に持たせています。裏は梅模様です。


2019_1203125820.jpg


2019_1205094436.jpg

これで三人揃いました、どの着物がお好みでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント