令和の初春 長女(SD)の振袖

2019_1203110719.jpg
令和の初春を祝う、SDサイズ「長女」の振袖です。三姉妹ともに令和にちなんだ「梅柄」の振袖で、こちらはお正月・成人式・結婚式への出席など慶事に幅広く着せていただけます。

2019_0925113422.jpg
振袖着物地は正絹の緞子で、新品ではありませんが未使用の布地です。クリーム色の地に流水の紋で、朱赤の梅とところどころに薄い金彩が入り、光沢があります。
絹八掛の総裏付きで、袖部分のみ「うそつき袖」という絹長襦袢の袖を留め付けています。

2019_1203125448.jpg
おはしょりを軽く糸で縫い留めています。

2019_1203100514.jpg2019_1203100515.jpg
衿に赤金襴の伊達衿と、金箔の佐賀錦帯地の半衿を留め付けています。
着物の袖を通し、半衿の下の白化繊テープを背中に回して前で結びます。(モデルは肌色のビスチェを着けています)

2019_1203113909.jpg
作り帯は正絹の古帯地で、金糸の青海波、流水模様に赤と紺地に花模様です。結びは立て矢で、帯揚げは朱赤に金彩の絹地・帯締めは化繊紐でともに帯にセットしています。結びにさし込んだ梅の水引飾りは取り外すことができます。
帯は結びの下でマジックテープで留めます。マジックテープの凸側に布がひっかからぬようご注意ください。

2019_1203112726.jpg2019_1203105505.jpg
足袋はオフホワイトの花柄の白絹地で、後ろのスナップで留めます。
草履は骨董市で購入した古いもので、SDには多少小さめでスタンドなしでは直立は難しいと思われます、おまけとしてお付けします。

2019_1203110915.jpg2019_1203105004.jpg
髪飾りは、梅の水引に赤房を付けました。後ろのクリップで髪に留めます。
ショールはフェイクファーを切っただけのものです、おまけとしてお付けします。


2019_1203105635.jpg

2019_1203105720.jpg



2019_1203105729.jpg
羽子板は押し絵の手作りで、タテ15cm×ヨコ8cmです。房飾り・花ことじ・扇・鼓などすべて木工ボンドで貼り付けてあります。
接着テープを使って手に持たせています。裏は梅模様です。


2019_1205101706.jpg


2019_1205093744.jpg

次記事は、次女の振袖です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント